So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

東北「復興」の現実 河川

8/13-15日に、東日本大震災による津波被災地を見てきました。仙台から石巻、南三陸、気仙沼、陸前高田、大船渡を廻りました。宮城県内の河川は、どれも同じようにコンクリートで河岸と河道が固められ、巨大な人工排水路とされています。写真のような景観が次々に現れます。生態系や景観への悪影響は計り知れません。これで何を守るのか?この先長期間の維持管理はできるのか?次世代、次々世代の人たちはこれを見てどう思うのだろう?負の遺産ではないか?次々と疑問が沸き上がります。
人命を守ることは大事ですが、このような自然改変がその正解なのか。意思決定のしくみやあり方を見直す必要があると感じました。

39137893_10210999206036381_4285245448546942976_n.jpg

39109176_10210999206316388_8222081990401196032_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。