So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

斜面地における開発行為

我が家の近く、埼玉県和光市内の南斜面で進められている宅地開発。このあたりは土地の起伏が大きく、大規模開発はしにくいため、一部だが雑木林が残されている。
この住宅地開発は無機質な擁壁が続き、1階レベルは固く冷たい表情になりそうで残念。住宅地全体として南斜面の良さを活かすことが顧みられず、個々の住宅にとっての利益のみ追求されている。開発行為は一定の技術基準が満たされれば許可されるのだが、街並み形成についても指導できるしくみが必要だ。それはまちや資産の価値をあげることにつながるはず。

CIMG0246.JPG

CIMG0247.JPG

CIMG0248.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。