So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

香川県商店街活性化コンペ [まちづくりの仕事]

7月6日(日)、高松市で標記コンペがあり、私は審査委員長として参加。書類審査を通過した6団体が公開プレゼンテーションを行い、4団体が採択されました。補助額は1件当たり200万円と、ソフト事業としてはまとまった額です。採択されたプランの内容は、「子どもたちと商店街を芸術で繋ぎ、商店街をアートで表現」、「デザインカレッジ学生によるコミュニティスペースの設置とデザイン普及活動」、「学生アントレプレナーによる1日店舗の体験実施」、「地元産品を使った商品開発と伝統芸能の展開」といったものでした。アートの活用、学生を主体とした企画、市民や子どもたちの参加などが目立ちました。
全国で商店街の活力が失われており、郊外店やネット販売との差別化が求められています。それにはまず商店街に来る理由が必要で、生活の場、コミュニケーションや体験の場、あるいは文化交流の場として商店街を見直すことが必要でしょう。また、補助金は単年度のもので、それがなくなっても事業が継続、発展することが大切。補助金は継続のための礎と捉えてほしいものです。
このような活性化支援事業は今後も継続が期待されますが、一方応募や参加者が少ないのが気がかりです。その理由を検討し、より参加したくなるコンペになることが期待されます。
詳細は下記の香川県ホームページご覧ください。

http://www.pref.kagawa.lg.jp/keiei/butai.html


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

黒川

先日は、お忙しい中、御審査いただきありがとうございました。
商店街活性化の気運醸成に努めて参ります。
by 黒川 (2014-07-09 21:45) 

sshunji

黒川様
ぜひがんばって、多様な商店街、多様な盛り上がりにつなげてください!
by sshunji (2014-07-10 22:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。