So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

横浜市泉区領家地区のまちづくり活動 [まちづくりの仕事]

横浜市泉区領家地区の、地域まちづくり組織とルールが市の認定を受けました。
https://www.city.yokohama.lg.jp/…/toshi/2019/0625ryouke.html

私は市から派遣されたまちづくりコーディネータとして、2012年の夏から地域の皆さんといっしょに活動してきました。従来からあった建築協定をベースとして、地区計画と、それを補完する地域まちづくりルールの作成及び合意形成活動をサポートしてきました。これまでの定例会議は70回以上に達します。市からのコーディネータ派遣には上限の年数があり、それを超えた以降は、自治会との契約でコーディネータ業務を継続していましたが、昨年度で終了しました。

領家まちなみチェック.jpg
検討委員会(住民)によるまち並みチェックのようす

領家の地区計画は昨年度に都市計画決定され、今回の認定を持って大きな節目を超えることになりました。これまでの領家地区計画検討委員会のみなさんのご努力は並大抵ではありません。大いに敬意を表し、お祝いするとともに、これからも暮らしやすいまちづくりが進むことを願っています。

住民発意型の地区計画について、市が要求した合意形成の水準は非常に高いものでした。この地区の場合は、検討委員の大変な熱意と、データ処理などに専門的な能力を持った方がおられたため、実現できたものです。地域の合意形成にはさまざまな考え方がありますが、ハードルが余りに高いと実現性が低くなり、その点大いに検討の余地があると思います。

地区計画の検討プロセス等については、都市計画学会に報告したものがあり、ご興味ある方はご参照いただければ幸いです。
https://www.cpij.or.jp/com/ac/reports/17_360.pdf

nice!(0)  コメント(0) 

Jane's Walk in 神楽坂 [まちづくりイベント]

Jane’s Walk in 神楽坂

ジェイン・ジェイコブスの視線で神楽坂の魅力を再発見しませんか?

10:45 受付(高齢者福祉施設神楽坂)
11:00 解説、 コース分け
11:45-15:00 (途中で昼食)
下記のテーマ別にまち歩き
【景観】【都市開発と法律問題】【開発】【イノベーション】【新旧混在・職住混在】【神楽坂とフランスの関わり】【Explore the Topography, History,Culture of Kagurazaka】
15:00-16:00 まとめと発表

◇開催日時
2019年4月27日(土)11時~16時

◇場所
高齢者福祉施設神楽坂1階地域サロン(新宿区矢来町104)

◇主催
NPO法人粋なまちづくり倶楽部

事前申し込み不要、参加無料。どなたでもご参加ください!
お問い合わせ(担当:鈴木) sshunji@yk9.so-net.ne.jp

20190427Jane's walk kagurazaka poster rev-ss.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

イルミネーション in 東京 [世界のまちかど]

 今年も年の瀬となりました。ここ数年、街のクリスマスの雰囲気はずいぶん薄まったように思いますが、それでも都心各地のイルミネーションは季節の移ろいと華やかさを感じさせてくれます。
 大規模なイルミネーションは相当な経費がかかることもあり、開催の数や時期が短くなっているようです。以前は電球であったものが今ではLEDになり、青色やピンクが増えました。東京駅前~行幸通りでは、スクリーンや壁面投影の新しいイルミが登場しました。技術やデザイン、運営方式の進展によりイルミネーションの多様化が進んでいます。

東京駅イルミ2018.jpg
丸の内仲通り。伝統的な電球色を踏襲したシンプルで清楚なイルミネーション

東京駅ミチテラス2018.jpg
東京駅前、行幸通りのミチテラス。スクリーン投影方式が登場。正面の東京駅駅舎にも映像を投影。
一方通行で交通規制されていました。

渋谷青の洞窟2018.jpg
数年前から始まった渋谷「青の洞窟」。当初は違和感もあったのですが、すっかり定着したようです。

nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in ASIA [世界のまちかど]

2018.12.21、Great Urban Places in ASIAをWiley Publishing Japanより出版しました。
本書はアジア20都市のsense of placeを180点以上のスケッチ、40点ほどの都市構成図及び建築投影図、文章で表現したものです。画一的な再開発などで失われつつある個性ある街や、庶民の生き生きした暮らしの場であるパブリックスペースを残し活かしていくことの大切さをお伝えできればと思います。

アマゾンで予約販売が始まっており、ご興味あればご覧ください。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07LBCQ1L8
今のところkindle版のみですが、来月中にはプリント版のお知らせも出る予定です。

GUPA_cover_final 表ss.jpg

GUPA_cover_final 裏ss.jpg

今日アジアの都市の多くで、その都市らしさが失われつつあります。混沌とした活力にあふれたアクティビティが公共空間から排除されつつあります。歴史・文化的価値を持つ建築や、庶民の生活を育んできた住環境が、現代的で世界共通仕様のものに変わりつつあります。人が歩くまちから車が走る都市に変わりつつあります。政府や事業者そして多くの住民も、それが最大の経済的利益と便利さを生むものと考え、受け入れ推進してきました。特に発展途上にある多くのアジアの都市においては、開発圧力はとても大きいものです。

しかし、現代的な開発によって都市のすべてを覆いつくしてしまったら、何が残るのでしょうか。混沌雑然としているがヒューマンスケールで人々の生活や商売、活力があふれ出しているみち、防災面の問題はあるかもしれないがしっとりとした落ち着きのある伝統的路地界隈などは、一度失われて大型ビルやショッピングセンターになってしまったら、二度と取り戻すことはできません。そこで長年生活していた人たちや商売を営んでいた人たちは、まちを離れてしまいます。既に失われたもの、そして失われつつあるものの価値に気づき、それを持つ街を活用しながら保全して、次世代に継承していくべき時代になっているのではないでしょうか。

旧来からのアジアらしい街は、ともすれば「遅れている」、「貧しい」、「汚い」などと評されますが、市民や観光客に大いに支持され、活用されています。各地の歴史、気候風土に基づいた誇るべきものであり、都市の個性的魅力としてアピールし、発展的に継承されるべきものです。特に各地の路地界隈はそのような魅力、特質を備えた、重要な都市空間であり、歴史的・文化的価値が高いものが多いです。本書は、主にそのような魅力を持つアジア各地の都市空間を描写したものです。

ヨーロッパに隣接した西アジアから極東まで数多くの都市があるなかで、経済や文化の中心都市など20地区を歩き、観察しました。これは、魅力あるアジアの都市のごく一部です。それぞれの都市で、最も魅力・にぎわいがあると私が感じた地区については街路・街区図を、さらにその中心部については建築平面投影図を作成し、公共空間の活動とその基盤である空間構成との関係性を読み解くことを試みました。それらの図面はAllan Jacobs 著Great Streetsなどと同様の表現、スケールとし、都市の比較ができるようにしました。結章では魅力的なまちが備えている条件や今後の都心部再開発の方向性について考察し、補足として各地区の街路や交差点密度について得られたデータを整理しました。

皆様方にはまず、アジア各都市の様々なsense of placeをお楽しみいただければと幸いです。そして、近代化、グローバル経済化のなかで失われてしまったものや失われつつあるものの貴重さを思い、次世代に向けて私たちはどのような都市空間を残し、継承し、再生していけばいいのか、いっしょに考えていただければまことにありがたく存じます。

nice!(0)  コメント(0) 

ウィーンのシェアードスペース [アーバンデザイン]

特に変わったことがない道路に見えるかもしれないが、これがshared space、つまり車道、歩道、自転車道などの利用区分が明確でなく、みんなで共有する道路。以前は車道4車線に両側歩道という一般的な構造であったところ、さまざまな検討を経て、最終的には住民投票を行い54%の賛成で可決、実施されたもの。お互いがお互いを配慮することが基本となっている。ゆったりとした空間に、和やかな時間が流れており、空間も実現プロセスも素晴らしいと感じた。

シェアードスペースについては日本語の解説書もあるが、受けた説明によるとだいたい以下のとおり。
・ウィーン中心部では公共交通利用を促進しており、すべての場所から300m以内で公共交通にアクセス(地下鉄、トラム、バス、国鉄)できるようにしている。
・シェアードスペースにすることで、自動車通行量の削減、減速になり、騒音が少なくなり、より歩行者にフレンドリーな街になる。
・原則は駐車禁止だが、荷捌きなどのために可能なエリアも設定されている。
・同時にシェアード自転車や、シェアードカーゴバイク(大きな荷車付き自転車)などが推進され、自動車を使わなくても快適な生活ができるようにモーダルシフトを進めている。実際、ウィーン都心部では近年自動車利用が減り、公共交通利用が大きく増えている。
・自動車レーンがあればドライバーはそこを優先的に通るのが当然の権利として走行するが、シェアードスペースでは常時歩行者や自転車に配慮しなければならず、運転が慎重になるので、事故は増えていない。
・道路に段差はないが、自動車のスペース、歩行者のスペースなどは線で示されている。
・全体的には歩行者スペースが増え、街路の賑わいが増えた
・バスが走るが、バス専用の信号機があり、歩行者に注意を喚起している
・検討過程では多くの議論があり、住民投票でも僅差であったが、今では大半の人たちは非常にハッピーに感じている。

shared space s.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

東京のグリーンインフラビジョン

この週末、ランドスケープや都市デザインの話を聞く機会があり、改めて快適な人間活動ができる都市空間の大切さを感じた。今夏は非常に暑かったが、地球温暖化のためますます暑くなる可能性が高い。その対策のためにもグリーンインフラが必要になる。
東京都心には意外とまとまった公園緑地があるのだが、幹線街路と水路を緑化してそれらを繋いでみた。オルムステッドが19世紀に設計し、実現されたボストンのエメラルドネックレスと比較すると、似たようなスケール感になる。東京オリンピックを契機としてこのような都市につくり変えていくことが、将来にとって大切ではないか。ボストンの緑は150年経って、市民の憩いの場であり誇りにもなっている。
東京とボストンの緑比較ss.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

東北「復興」の現実 河川

8/13-15日に、東日本大震災による津波被災地を見てきました。仙台から石巻、南三陸、気仙沼、陸前高田、大船渡を廻りました。宮城県内の河川は、どれも同じようにコンクリートで河岸と河道が固められ、巨大な人工排水路とされています。写真のような景観が次々に現れます。生態系や景観への悪影響は計り知れません。これで何を守るのか?この先長期間の維持管理はできるのか?次世代、次々世代の人たちはこれを見てどう思うのだろう?負の遺産ではないか?次々と疑問が沸き上がります。
人命を守ることは大事ですが、このような自然改変がその正解なのか。意思決定のしくみやあり方を見直す必要があると感じました。

39137893_10210999206036381_4285245448546942976_n.jpg

39109176_10210999206316388_8222081990401196032_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

福岡ネクサスワールド [建築紹介]

芝浦工大環境設計・鈴木研究室 福岡合宿の一環として、香椎のネクサスワールドを訪問。1990年代初期の開発。福岡地所によって、世界の6名の建築家によって設計された11棟のユニークな集合住宅が建設されたもの。香椎地区周辺は福岡市都心から電車で約15分ほどと近く、大規模集合住宅は商業施設の開発が相次いでいる。ネクサスワールドは建設後17-8年になるが、今でもその個性は健在で、価値を保持しているようである。

kashii nexus.jpg
Mark Mack 棟

nexus world.jpg
Rem Koolhaas棟

kashii nexus 2.jpg
Steven Hall棟

nice!(0)  コメント(0) 

ぐりんぐりん [建築紹介]

芝浦工大鈴木研究室合宿で訪問。
アイランドシティ中央公園にある緑の体験学習施設。伊東豊雄設計で2005年竣工。内部は植物園や休憩所、学習施設となっている。特徴はその形状で、大地と建築の一体化が図られている。お椀を伏せたようなコンクリートスラブ3次元構造体が螺旋状につらなっている。屋上には歩行者路デッキが設けられ、それ以外の部分は植栽されて盛り上がった大地のようになっている。

gringrin.jpg

gringrin roof.jpg

gringrin inside.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

門司港レトロ地区 [アーバンデザイン]

芝浦工業大学環境システム学科鈴木研究室の夏合宿として、8/7に北九州市の門司港レトロ地区を見学しました。私の前任の中野恒明さん(芝浦工大名誉教授、アプル総合計画代表)が永年都市デザインに関わられた地区です。今回は北九州市門司港レトロ課のご担当者と、洋建築代表でこの地区の整備に地元建築家として関わっておられる城水悦子さんにご案内いただきました。
歴史的建築物の保存と再生には、それを支える経済と運営管理、組織、デザインマネジメントが必要で(メインストリートプログラムの「4つのアプローチ」とほぼ同じ)、この地区では行政と民間が連携しながら、長年かけて取り組み成果を挙げています。学生たちにとっても刺激になったと思います。

mojiko port.jpg
歴史的建築物の保存だけではなく、オープンスペースのデザインも一新された。

mojiko old and new development.jpg
地域の再生につれ、周辺地区にはマンション開発も進む。この黒川紀章設計のタワーは、将来、歴史的建築物になるのか?

mojiko2.jpg
MOJIKOと戯れる我が研究室の学生

mojiko station.jpg
JR門司港駅のレトロ再生も進行中

mojiko3.jpg
豪華列車ななつ星をみんなで見送りました。




nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -